しろいあめ

更新記録とか、本とか、日常話とか。
2020
02,27

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
02,11
赤主従は背中合わせっていう、あの構図がいいんです・・・!
と、読んでて思った、電撃PlayStation(Realta Nuaの描き下ろしテレカの話)。赤主従好きとしては、堪りません。
あと他雑誌のインタビューであった、完全新作パートがかなり気になりまする・・・。入るのは物語の最後みたいだし。CEROはC区分確定みたいですね。

今日は町内の文化祭でした。中学・高校も出てるので、合唱部時代に歌った曲もあって懐かしく思ったり。
あと、去年の3月まで託児所に来てた子も(今は保育所)。保育所に入ってしまうとなかなか見かける機会がないので、ちょっと嬉しいですね。

・・・そして今日、文化祭の休憩時間に読んでやっと終わった、「Fate/Zero」(苦笑)定期テストが終わると読みたいって気持ちが落ちてきて、なかなか進まなかったんですよね。
まぁ今更なんですけど、一応ネタバレなので以下に感想。




結論を言うと、必死でネタバレを回避してて良かったかな、と。それくらい面白かった。
「Fate/stay night」がある以上、結末はある程度分かってるんだけど、だからこそそれぞれのキャラがどういった闘いをしていくのか楽しみ。特にセイバーと雁夜に関しては、救いのない結末が待っているわけだし。

しいて挙げるなら1番驚いたのは、綺礼が召還したのはアサシンだった、ってことかな。
確かにギルを召還しようと思ったら、それ相当の触媒が必要だろうなぁ。ギルは相変わらずの我様モード全開で、読んでて違った意味で微笑ましく感じた(苦笑)
今後、どうやってマスターが変わっていくのかが気になる・・・。

発売前に出てたキャラに限りだけど、読んだ後にイメージが変わったのはウェイバーだと思う。魔術師としては能力は低くはないのに、あのヘタレ具合によって外見の印象が消えたので。
ライダーとの主従関係が、思ってたよりずっと面白かった・・・。マスターとサーヴァントとしては、唯一の微笑ましい関係なんじゃなかろうか。
あと正直なところ、視線ひとつで女心をとろかす~云々のくだりとか、「魔貌」とかで思わず笑っちゃったランサーだけど、後半の格好良さにそんなの吹き飛んだ。ランサーのクラスは、漢らしい奴が召還されるの?(笑)

PR
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
 author :桐咲綾乃
  ・のろまな文字書き
  ・読む本は専ら幕末~明治初期
  ・mixi=12184272

 white rain
  オリジナル小説サイト
最新記事
新年 (01/08)
2ヶ月後 (11/16)
久々に (09/13)
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]