しろいあめ

更新記録とか、本とか、日常話とか。
2020
07,07

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
02,15

初七日を過ぎて、少し落ち着いたので浮上です。
先週、身内で不幸がありました。
母方の伯母(伯父の奥さん)だったんですが、母とは同い年ということもあって、まだ若いのに・・・と哀しい気持ちと悔しい気持ちが入り混じったような感じです。

・・・癌とか、告知とか、そういったことについて書くつもりですが、少し生々しい(?)というか、重い話になると思うので、以下の[つづき]に書きますね。
ちょっと長々となるかもしれません。

あ、連休がほぼ丸々潰れたこともあって、結局今月もサークル出せませんでした;〆切前(連休)に書こう、じゃなくて、もっと早くから書き始めてたら出せたかもしれないのに・・・。
早くから始めておくべき、といつも思ってるわりに、学習してないなぁ(苦笑)





伯母は肺癌でした。
2年ほど前に癌だと診断されたものの、最初の検査が不十分だったようで既にかなり進行していたらしく。治療を続けていたんですが、去年の初冬頃に、年は越せないかもしれない、と告げられて。
自宅療養で何とか年は越せたものの、年明けに再入院。痛み止めが効かなくなってきて、モルヒネ投与が始まった直後に・・・、といった経緯でした。

・・・伯母には、〝あとどれくらい生きられるか〟ということは話してませんでした。
悪化していく症状・痛みに、自分は長くはもたない、と自身で感じていたのか、それともそういったことは全く感じておらず、このまま治療を続けていれば良くなるだろう、と思っていたのか。実際に伯母が自分の状態についてどう感じ取っていたのかは、誰も分かりません。
また、寿命について本人にハッキリ告げるのが良かったのか、今回のように話さないことが良かったのか。どちらを選択すべきかも難しいことだと思うんです。
言ってしまえば、私の立場は〝他人〟です。姻族であることから、そういった告知に関しても、客観的に見て・感じていました。例えば、もう長くないと告げれば、今後の生活の選択肢も増えるのに・・・とか。
苦しんで、痛みに耐えて、それでも回復の見込みがないというなら、苦痛を和らげて残りの時間を充実させて生きていく・・・。そんな、自宅でのターミナルケアや、ホスピスを利用することも選択肢の1つ。でもそれを利用するためには、生きられる時間がもう少ないのだと、本人に教えなければならない。
本当、難しいです。
あの時ああしとけば・言っとけば良かったかもと、過ぎたことを言っても仕方ないんですが、私自身はもちろん、家族だって無関係だとは言い切れない。〝もし〟なんて起こってほしくないけれど、自身がその当事者になってしまったら、どうしたいと思うんだろう・・・なんて考えます。
それに、3年前に亡くなった父方の伯母も、癌でした。死因第1位は男女とも癌であるわけで、やっぱり思っている以上に身近なものなのかな、と思わずにはいられないというか。

なんか、ダラダラと書いてしまいました・・・。文章とかおかしいところがあったらすみません、思ってることをあまり考えずに書いてるので;
あと、昨晩から喉がおかしくて、朝起きたら微熱・・・。頭もしっかり働いてない気がします。誤字脱字等あれば、「あぁ頭働いてないな」とでも思って下さい(苦笑)。

PR
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
 author :桐咲綾乃
  ・のろまな文字書き
  ・読む本は専ら幕末~明治初期
  ・mixi=12184272

 white rain
  オリジナル小説サイト
最新記事
新年 (01/08)
2ヶ月後 (11/16)
久々に (09/13)
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]